広告 バーチャルオフィス

【格安550円~】登記可能な法人向けバーチャルオフィス9選を比較!

高橋 暁人

オフィスビルの画像

事務所のランニングコストを抑えられるとして注目されている「バーチャルオフィス」。月額1,000円ほどで法人登記用の住所を借りられるため、多くの方が利用しています。

しかし、サービスごとに料金や提供内容が異なるので、どれを選べば良いかを決めかねている方も多いと思います。本記事では、法人登記が可能な9つのおすすめバーチャルオフィスを比較します。サービスごとに料金・提供内容を比較表にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、以下の記事では、バーチャルオフィスで法人登記をする際に知っておくべき事柄を詳しく解説しています。バーチャルオフィスでは、一般的な事務所で登記する場合と異なる点がいくつかあるので、気になる方はぜひ一読してみてください。

こちらもチェック

法人登記ができるバーチャルオフィス9選の簡易比較表

ここでは、法人登記ができるバーチャルオフィス9選を、よく検討されやすい項目に絞って比較します。金額の算出条件は、以下のとおりです。

  • 月額基本料金(登記対応・郵便物転送なし):登記対応プラン(郵便物転送あり)を申し込み、郵便物転送がまったくなかった場合
  • 月額基本料金(登記対応・郵便物転送利用):登記対応プラン(郵便物転送あり)を申し込み、それぞれの転送間隔で50g以下の郵便物を自宅へ転送した場合
サービス名月額基本料金
(登記対応・郵便物転送利用なし)
月額料金
(登記対応・郵便物転送利用)
立地
レゾナンス 990円~・月1:1,190円~
・週1:2,450円~
・東京:7店舗
・地方:1店舗
GMOオフィスサポート 1,650円~・月1:1,650円~
・週1:2,750円~
・東京:7店舗
・地方:8店舗
DMMバーチャルオフィス 2,530円~・月1:なし
・週1:3,850円~
・東京:2店舗
・地方:4店舗
METSバーチャルオフィス 1,430円~・月1:1,540円~
・週1:3,145円~
・東京:4店舗
・地方:なし
京都朱雀スタジオ 550円~・月1:なし
・週1:2,750円~
・東京:なし
・地方:1店舗
バーチャルオフィス1 880円~・月1:なし
・週1:1,480円~
・東京:1店舗
・地方:1店舗
ユナイテッドオフィス 2,310円~・月1:なし
・週1:3,710円~
・東京:8店舗
・地方:なし
ワンストップビジネスセンター 5,280円~・月1:なし
・週1:5,280円~
・東京:23店舗
・地方:21店舗
Karigo 4,700円~・月1:4,794円~
・週1:5,076円~
・東京:27店舗
・地方:34店舗

法人がバーチャルオフィスを比較する際のポイント

バーチャルオフィス事業者が提供する料金プランを対象者(個人・個人事業主・法人)別に分類すると、大きく以下の3種類になります。

  • 個人・個人事業主用プラン(法人利用不可)
  • 個人・個人事業主・法人対応プラン(登記不可)
  • 法人登記対応プラン

バーチャルオフィス住所で本店もしくは支店の法人登記をする場合は、法人登記に対応したバーチャルオフィスと料金プランを選択しなければなりません。加えて、税や保険、銀行関係の書類の多くは登記住所宛に届くので、「郵便物転送サービス」の申し込みが必須になります。

一方、自宅などを本店や支店とし、バーチャルオフィス住所を営業所として利用する場合は、法人利用に対応した個人向けプランを利用するのがおすすめです。なぜかというと、法人登記に対応したバーチャルオフィスや料金プランは、そうでない場合に比べて料金が高めに設定されているためです。

なお、多くのバーチャルオフィスが、契約後のプラン変更にも対応しています。まずはバーチャルオフィスを営業所として利用し、ゆくゆくは本店所在地を移転するなどの使い方も可能です。

利用用途別に法人向けバーチャルオフィスを比較!

法人向けバーチャルオフィスを選ぶ際には、以下のニーズで検討する方が多いです。

  • 住所のみを利用するので、とにかく安いサービスを利用したい
  • 郵便物が多いので、郵便サービスを含めて料金を比較したい
  • 信用を高めるために固定電話番号を取得したい
  • 対面での商談が多いので会議室を利用したい

【営業所利用】住所のみの利用なので、とにかく格安料金で利用したい

コストの画像

郵便や電話サービスが不要な方、かつ本店・支店ではなく営業所用の住所がほしい方は、法人利用に対応した最安プラン・初期費用を比較するのがおすすめです。以下に、各バーチャルオフィスの料金詳細をまとめました。

サービス名最安プランの月額料金(法人利用可)入会金保証金
METSバーチャルオフィス 270円~3,300円
※別途で事務手数料+550円
0円
京都朱雀スタジオ 550円~6,600円0円
バーチャルオフィス1 880円~5,500円0円
レゾナンス 990円~5,500円1,000円~
※郵便物転送料・通信料のデポジットとして使用
GMOオフィスサポート 1,650円~0円0円
DMMバーチャルオフィス 1,650円~5,500円5,000円
ユナイテッドオフィス 2,310円~6,000円10,000円
※郵便デポジットとして使用
※6ヶ月前納・月払いの場合は5,000円以上
Karigo 4,700円~5,500円~
※利用店舗によって異なる
0円
ワンストップビジネスセンター 5,280円~10,780円0円
※ビジネスプラン以上の場合はデポジット5,000円

今回紹介するバーチャルオフィスのなかでもっとも安いのは、 METSバーチャルオフィス です。METSバーチャルオフィスの最安プランがこれほどまでに安いのは、郵便サービスや電話サービスなどを含んでいないからです。

ほかのサービスは、最安プランにも郵便物転送や法人登記を含んでいたり、上位プランでないと法人利用に対応していなかったりします。METSバーチャルオフィスは、住所貸し以外のサービスを非対応にすることで、最安プランの基本料金を格安に抑えています。

なお、METSバーチャルオフィスが提供する拠点は、すべてが自社ビルを使用している点も格安で提供できている要因の1つです。物件の賃料がかからない分、安価な料金を実現できていると考えられます。

以下の記事では、無料で利用できるサービスや月額500円前後の格安バーチャルオフィスについて紹介しています。利用時の注意点もまとめましたので、気になる方はぜひご覧ください。

こちらもチェック
こちらもチェック

【法人登記利用】登記対応プランの最安料金を比較したい

書類にサインをする男性

「法人登記対応の最安プランを比較したい」「郵便物が多いので転送サービス込みで料金を比較したい」などとお考えの方は、バーチャルオフィスの郵便物転送サービスを細かく比較しましょう。

前提として、法人登記をする場合は郵便物転送サービスの申し込みが必須になります。なぜかというと、税金や保険などの公的書類が登記住所宛に届くためです。そのため、郵便物の転送手数料も含めた総額で比較することが重要です。

ここでは、各バーチャルオフィスの郵便サービスを軸に、月額料金や提供内容を比較します。

こちらもチェック

転送間隔と月額料金(基本料金+転送料)の比較表

多くのバーチャルオフィスは、月1回転送、隔週転送(月2回転送)、週1回転送など、複数の転送間隔プランを用意しています。転送間隔によってプラン基本料金が異なるのが特徴で、転送頻度が高いほど料金も高くなる仕組みです。

ここでは、月1回転送、隔週転送、週1回転送ごとに、各サービスの月額料金を比較します。以下、月額料金の算出方法と郵便物の仮定条件です。

  • 「郵便物転送プランの基本料金+転送料」の合計金額を比較
  • 転送料は、以下の定形郵便(税関系の書類)1通を毎回転送すると仮定

比較条件にした郵便物の詳細

国民健康保険税の通知書
  • 種類:税関系の書類
  • サイズ:横約22.8cm×縦約12.0cm×厚さ1mm以下
  • 重量:30g

定形郵便扱い

サービス名
・基本料金(税込)
月1回転送隔週転送
(月2回転送)
週1回転送
(月4回転送)
即時転送の利用手数料その他郵便オプションの利用手数料
バーチャルオフィス1
・880円~
1,480円
(880円+150 円×4回)
550円/回
レゾナンス
・990円~
1,190円~
(990円+200円×1回)
2,450円~
(1,650円+200円×4回)
1,100円/月・スポット利用:500円/回
京都朱雀スタジオ
・550円
2,750円
(550円+550円×4回)
550円/回
METSバーチャルオフィス
・1,540円~
1,540円~
(1,540円+0円/月1回まで)
3,145円~
(1,540円+0円/1回+590円×3回)
920円/回・都度指示
※郵便物ごとに転送間隔を指示
GMOオフィスサポート
・1,650円~
1,650円~
(1,650円+0円×1回)
2,200円~
(2,200円+0円)
2,750円~
(2,750円+0円×4回)
550円/通
ユナイテッドオフィス
・2,310円~
3,790円~
(2,310円+370円×4回)
1,100円/月
DMMバーチャルオフィス
・2,530円~
3,850円~
(2,530円+330円×4回)
転送料+440円/回・日時指定転送:440円/回
・転送カスタマイズ
Karigo
・4,700円~
4,794円~
(4,700円+94円×1回)
4,888円~
(4,700円+94円×2回)
5,076円~
(4,700円+94円×4回)
実費のみ・自動転送なし
ワンストップビジネスセンター
・5,280円~
5,280円~
(5,280円+0円×4回)
660円/回~

今回比較したサービスのうち、月1回転送をもっとも安く利用できるのは、月額1,190円の レゾナンス です。レゾナンスは郵便物転送サービスの基本料金が990円と格安なので、月々の負担額を抑えられています。

週1回転送において最安だったのは、 バーチャルオフィス1 でした。月額880円の基本プランに週1回転送が含まれていることに加え、50g以下の転送手数料が150円/回と非常に安いことが、総合的に安価な料金を実現している理由です。

また、一時的に即日転送を適用できる、「即時転送オプション」を550円/回で利用できるのも魅力です。税務署からの通知書や銀行からの書類など、緊急性が高い郵便物がある場合に便利です。

転送料(手数料+実費)の比較表

上記の比較表は、毎回、定型郵便1通を転送すると仮定し、月額料金(基本料金+転送料)を比較しました。ただ実際には、複数の郵便物がまとめて転送されたり、定形外郵便・レターパックで転送されたりすることも考えられます。

以下では、郵便物の種類別に各サービスの転送手数料を比較しています。

※実費(送料)は、対応業者・サイズ・配送先などの要素によって異なります。

サービス名定形・定形外郵便物速達・簡易書留郵便レターパックライト・プラス宅急便・宅配便その他料金
京都朱雀スタジオ ・550円/回+実費・550円/回+実費・550円/回+実費
バーチャルオフィス1 ・50g以下:150円
・100g以下:200円
・150g以下:300円
・250g以下:400円
・500g以下:500円
・実費のみ
レゾナンス
※デポジット精算必須
・100g以下:200円
・150g以下:300円
・250g以下:350円
・500g以下:500円
・ライト:500円/回・実費のみ・サイン代:300円
・梱包代:550円/口
・ダンボール代:230円/個
※それぞれ、必要な場合
METSバーチャルオフィス ・ライト:590~957円/回
・プラス:1,122円/回
・550円/個(受け取り料金)+550円/回+実費・配送先変更:330円/回
GMOオフィスサポート 150g以内:無料
・4kg以内:440円/通
・150g以内:660円/通
・150g超:実費相当額
・実費のみ
ユナイテッドオフィス
※デポジット精算必須

※ヤマトネコポス便扱い
・実費のみ・ヤマトネコポス便:全国一律370円
DMMバーチャルオフィス ・150以内:330円/回
・151g~500g:550円/回
・150g以下:660円
・151~500g:880円
※速達は非対応
・ライト:550円・実費のみ・配送先変更:440円/回
Karigo ・実費のみ・ライト:370円/通
・プラス:520円/通
・実費のみ
ワンストップビジネスセンター
※デポジット精算必須
100g以下:無料
・101g以上:実費相当額
・ライト:660円/回・実費のみ

定型・定形外郵便物の転送手数料に限れば、 GMOオフィスサポート ワンストップビジネスセンター がお得です。それぞれ、150g未満、100g以下であれば、手数料0円で転送してもらえます。

60サイズ以上の宅急便・宅配便は、実費のみで転送してくれるサービスが大半です。ただ、レゾナンスは、サイン・梱包・ダンボールが必要な場合、別途料金が発生する点に注意が必要です。

その他の郵便サービスの比較表

バーチャルオフィスは、郵便物転送以外にも独自のサービスを提供しています。以下の表には、各バーチャルオフィスが提供する郵便サービスをまとめました。

サービス名来店受け取り郵便物の通知方法不在票通知宛名・屋号追加その他
京都朱雀スタジオ ・LINE通知・0円
バーチャルオフィス1 ・LINE・写真通知・0円・時間外郵便受取ポスト
レゾナンス ・写真通知・0円・990~1,650円/月
(2屋号目~)
・プライベートロッカー
METSバーチャルオフィス
※新宿三丁目店は不可
・郵便物到着メール・0円・1,650円/月
(2屋号目~)
GMOオフィスサポート
※渋谷店・大阪梅田店のみ
・LINE・写真通知
※1,100円/月
・220円/回・1,650円/月
(2屋号目~)
ユナイテッドオフィス ・荷物到着通知
※MAIL msg BOXプラン~
・0円・0円・着払い郵便
・海外転送
DMMバーチャルオフィス
※銀座店・名古屋店のみ
・写真通知(メールもしくはLINE)・0円・1,650円/月
(2屋号目~)
・着払い郵便
Karigo
※一部非対応店舗あり
・メール通知・0円・1,100円/月
ワンストップビジネスセンター ・メール通知・0円
※一部非対応店舗あり

バーチャルオフィス拠点の近隣にお住まいの方や会議室を利用する方におすすめなのが、来店受け取りです。バーチャルオフィスの拠点で直接郵便物を受け取れるため、転送料金を節約できます。

ただし、来店受け取りに対応している拠点が限られている点に注意が必要です。たとえ同じサービスでも、拠点によっては来店受け取りに対応していないケースもあります。

利用したい方は、各サービスの公式サイトを確認し、対応している拠点を契約しましょう。

電話サービスの内容や料金を比較したい

コールセンターの女性

「信用力を高めるために固定電話の番号を取得したい」「営業電話やいたずら電話に時間を取られないよう、一次対応を任せたい」などとお考えの方は、バーチャルオフィスの電話サービスを細かく比較しましょう。ここでは、各種電話サービスの料金と、取得可能な電話番号を比較し、おすすめの法人向けバーチャルオフィスを紹介します。

電話転送サービスの月額料金(基本料金+オプション料金)の比較表

電話転送サービスの月額料金は、主に以下2種類の課金方法に分けられます。

  • 基本料金+電話転送サービスのオプション料金
  • 電話転送サービス付帯プランの基本料金

以下の表では、各バーチャルオフィスで電話サービスを利用した場合の最低金額を比較しています。

サービス名
・基本料金
電話転送電話発着信
GMOオフィスサポート
・1,650円~
京都朱雀スタジオ
・550円
バーチャルオフィス1
・880円
2,200円~
(880円+1,320円)
2,200円~
(880円+1,320円)
レゾナンス
・990円~
3,190円~
(990円+2,200円)
5,390円~
(990円+4,400円)
METSバーチャルオフィス
・1,100円~
3,300円~
(1,100円+2,200円)
2,080円~
(1,100円+980円)
DMMバーチャルオフィス
・1,650円~
3,850円~
(1,650円+2,200円)
ユナイテッドオフィス
・2,310円~
4,000円/月~
(プラン料金)
発信のみ:5,100円/月~
(4,000円+1,100円)
発着信:・5,650円/月~
(4,000円+1,650円)
Karigo
・4,700円~
8,300円~
(プラン料金)
ワンストップビジネスセンター
・5,280円~
9,790円~
(プラン料金)
・9,790円~
(プラン料金)

今回比較したなかで、電話転送・発着信ともに最も料金が安かったのが、 バーチャルオフィス1 です。基本料金・電話転送の月額料金ともに、非常に安い価格を実現しています。

通話料金の比較表

電話転送サービスや電話発着信サービスを使った場合の通話料金は、バーチャルオフィスや利用端末によって異なります。以下の表では、着信・発信別に通話料金を比較します。

サービス名着信発信
携帯電話→固定電話携帯電話→固定電話→
GMOオフィスサポート
京都朱雀スタジオ
バーチャルオフィス1
レゾナンス ソフトバンクの回線料金に準ずるソフトバンクの回線料金に準ずるソフトバンクの回線料金に準ずるソフトバンクの回線料金に準ずる
METSバーチャルオフィス 18円/分8.5円/3分~40円/48秒
※転送先地域により異なる
クラコールPBXの料金に準ずるクラコールPBXの料金に準ずる
DMMバーチャルオフィス 17.6円/分8円/3分
ユナイテッドオフィス 23円/分12円/3分33~45円/分22~33円/分
Karigo 19.4p/分
※1pt=1円(Toonesポイントを使用)
9.7pt/3分
※1pt=1円(Toonesポイントを使用)
ワンストップビジネスセンター 25円/分13円/3分39~50円/分28~39円/分

バーチャルオフィスの電話サービスで注意すべきなのが、着信時にも通話料金が発生する点です。一般的には、電話をかけた側に通話料金の請求がいきますが、転送サービスでは着信側にも転送料金として請求されます。

なお、携帯電話で発着信する場合は、固定電話よりも2〜6倍の通話料がかかります。取引先と電話でのやり取りが多かったり、クレームを電話で受け付けたりする場合は、固定電話を使用するのがおすすめです。

留守番電話サービス・電話秘書代行サービスの比較表

留守番電話サービスや電話秘書代行サービスは、基本的に以下の流れで受電の対応をしてくれます。

【留守番電話サービス】

  1. 受電後、あらかじめ録音した応答用メッセージで不在の旨を伝える
  2. 発信者の要件を録音する
  3. マイページやメール、LINEなどの手段で、録音データを契約者へ送信

【電話秘書代行サービス】

  1. バーチャルオフィスのスタッフが、契約者の法人名で電話を受ける
  2. 担当者の不在を伝え、電話相手の会社名・名前・用件・折り返し電話番号を聞く
  3. 電話終了直後に、契約者へメールもしくは電話で通知する

以下の表では、各バーチャルオフィスで電話秘書代行サービスを利用した場合の月額料金を比較しています。

サービス名対応方法月額料金無料コール数オーバーコール料金
GMOオフィスサポート
京都朱雀スタジオ 留守番電話
※利用者共用の番号
0円無制限なし
バーチャルオフィス1
レゾナンス 電話秘書代行
※用件を伺い、メールにて報告
4,400円~~50コール200円/コール
METSバーチャルオフィス 電話秘書代行
※フルオーダー制
8,800円~要問合せ要問合せ
DMMバーチャルオフィス AI秘書自動応答
※AI秘書が用件を伺い、メールにて報告
1,650円~~100コール55円/コール
ユナイテッドオフィス 電話秘書代行
※用件を伺い、メールにて報告
7,700円~
(基本プラン料金に含む)
~20コール160円/コール
Karigo 電話秘書代行
※用件を伺い、メールにて報告
・10,400円~
(基本プラン料金に含む)
0~30コール
※店舗により異なる
110~210円/コール
※店舗により異なる
ワンストップビジネスセンター 電話秘書代行
※用件を伺い、メールにて報告
・16,280円~
(基本プラン料金に含む)
0コール220円/コール

安さを重視する方には、 京都朱雀スタジオ もしくは DMMバーチャルオフィス がおすすめです。前者は留守番電話サービスであること、後者は人ではなくAIが自動応答してくれることから、格安で利用できます。

受電対応や報告方法を細かく指定したい場合は、 METSバーチャルオフィス が適しています。注文の電話受付や夜間休日の電話対応など、要望に合わせて柔軟に対応してもらえます。たとえば、不動産業の専門受付や消費者からのクレーム受付など、一般的には難しい電話対応も可能です。

FAXサービスの比較表

ここでは、FAXサービスの月額料金と通信料金を比較します。

サービス名月額料金通信料金
共用FAX専用FAX受信送信
GMOオフィスサポート
京都朱雀スタジオ
バーチャルオフィス1
レゾナンス 550円1,100円10円/枚100円/枚
METSバーチャルオフィス 1,080円0円8円/3分
DMMバーチャルオフィス
ユナイテッドオフィス 4,000円
(基本プラン料金に含む)
1,650円0円100円/枚
Karigo
ワンストップビジネスセンター 9,790円~
(基本プラン料金に含む)
3,300円0円33円/枚

FAXサービスは、基本の住所貸しプランや電話転送プランなどに、オプションとして追加する仕組みが一般的です。たとえば レゾナンス の場合、月額990円の最安プランへ共用FAXを追加すると、1,540円〜で利用できます。取引先や顧客と文書でのやり取りが多い方は、FAXサービスの利用を検討してみてください。

取得可能な電話番号の比較表

これまでに紹介した電話サービスを利用するには、バーチャルオフィスにて電話番号を取得しなければなりません。ここでは、各事業者で取得できる電話番号を比較します。

サービス名IP電話固定電話フリーダイヤル
GMOオフィスサポート
京都朱雀スタジオ 050-5577-0633075-313-3700
バーチャルオフィス1
レゾナンス 05003・0450120・0800
METSバーチャルオフィス 03・06・043・044・045・011など0120・0800
DMMバーチャルオフィス 05003・06・092・052
ユナイテッドオフィス 05003
※電話秘書代行サービスは非対応
Karigo 050各店舗の市外局番
※電話秘書代行サービスは非対応
ワンストップビジネスセンター 05003・011・022・045・052・075・06・078・082・087・092・096

基本的に、バーチャルオフィスで取得できる番号は、インターネット回線を使用したIP電話か、各拠点の市外局番(固定電話番号)です。ただ、 レゾナンス METSバーチャルオフィス は、フリーダイヤルを利用できる点が特徴です。

フリーダイヤルは、多くの人に「無料で電話をかけられる」と認知されています。クレームの問い合わせ先など、自社起因のトラブルを受け付ける場合は、フリーダイヤルの番号を使用するのがおすすめです。

会議室を使って会議や商談を行いたい

商談をする男性の画像

ここでは、貸し会議室の対応可否と利用料金を軸に、9つのサービスを比較します。

サービス名対応可否対応店舗会議室料金コワーキングスペース料金
GMOオフィスサポート
※ホテルスペースサービス「Threes」の割引券を提供
DMMバーチャルオフィス 横浜店
名古屋店
1,100円/時間
METSバーチャルオフィス 新宿三丁目店
新宿御苑店
日本橋兜町店
赤羽店
※1契約ですべての拠点が利用可
1,100~2,200円/時間
※店舗により料金形態や料金が異なる
16,500円/月
※新宿御苑店のみ対応
京都朱雀スタジオ
※公式記載なし

※公式記載なし

※公式記載なし

※公式記載なし
バーチャルオフィス1 渋谷店
広島店
1,100円/時間
レゾナンス 浜松町本店
銀座店
渋谷店
日本橋店
新宿店
横浜店
青山店
恵比寿店
※1契約ですべての拠点が利用可
1,100円/時間
※延長料金:550円/30分
ユナイテッドオフィス 南⻘山店
東京銀座つなぐば店
銀座店
表参道原宿店
渋谷3丁目店
日本橋店
港区虎ノ門店
新宿店
池袋店
※1契約ですべての拠点が利用可
1室(1~4名):275円/30分
1室(1~14名):550円/30分
550円/時間
※東京銀座つなぐば店のみ対応
ワンストップビジネスセンター 全国37店舗
※1契約ですべての拠点が利用可
平日9時~18時:1,100円/時間
平日18時以降:1,500円/時間
土日祝日:1,500円/時間
※店舗により営業日・営業時間が異なる
Karigo 銀座一丁目店
千葉店
秋葉原店
池袋店
※契約拠点しか利用できないケースあり
906~1,100円/時間
※店舗により料金形態や料金が異なる

東京以外で会議室を利用したい方には、 ワンストップビジネスセンター がおすすめです。東京・大阪・名古屋などの主要都市だけでなく、北海道・仙台・岐阜・岡山など全国の拠点で会議室を提供しています。また、1契約で複数の会議室を使えるので、遠方の取引先と商談がある場合でも安心です。

こちらもチェック

法人向けバーチャルオフィスをこだわりポイントで比較!

ここまでは、バーチャルオフィスのサービス内容を軸に比較してきました。ただ、バーチャルオフィスを比較するポイントはこれだけではありません。

たとえば、「会社の信用にもつながる一等地の住所がいい」「法人口座を開設できるか不安」などとお考えの方もいらっしゃるでしょう。本章では、サービス内容以外のポイントに着目し、法人向けバーチャルオフィスを比較します。

立地を重視して、会社の信用を高めたい

オフィスビルの画像

法人の登記住所は、事業の信用に影響します。そのため、東京23区や大阪、名古屋など、住所地の立地を重視したい方も多いでしょう。ここでは、各バーチャルオフィスで借りられる住所地を、東京と地方に分類して比較します。

サービス名立地(東京都内)立地(地方)住所の公表
GMOオフィスサポート ・渋谷区道玄坂
・西新宿
・銀座
・青山3丁目
・秋葉原
・目黒区目黒
・恵比寿
・横浜市
・名古屋市
・大阪市・梅田
・大阪市・心斎橋
・京都市
・福岡市・博多
・福岡市・天神
・神戸市
・公表
DMMバーチャルオフィス ・銀座
・渋谷2丁目
・横浜市
・大阪市・梅田
・福岡市・天神
・名古屋市
・非公表
※会員のみに開示
METSバーチャルオフィス ・新宿三丁目
・日本橋
・新宿御苑
・赤羽
・なし・非公表
※会員のみに開示
京都朱雀スタジオ ・なし・京都市・公表
バーチャルオフィス1 ・渋谷区道玄坂・広島市中区・公表
レゾナンス ・港区浜松町
・銀座
・渋谷区神宮前
・西新宿
・日本橋
・青山
・恵比寿
・横浜市・非公表
※会員のみに開示
ユナイテッドオフィス ・南青山
・銀座
・表参道原宿
・渋谷3丁目
・日本橋
・港区虎ノ門
・西新宿
・池袋
・なし・公表
Karigo 27店舗34店舗・非公表
※会員のみに開示
ワンストップビジネスセンター 23店舗21店舗・公表

一部のバーチャルオフィスでは、住所を会員にしか開示していないケースもあります。詳しい住所地や建物の外観を知りたい場合は、運営会社へ問い合わせてみましょう。

会社設立サービスを提供する事業者を選びたい

法務局の画像

バーチャルオフィスのなかには、会社設立代行サービスや書類申請サービスを提供しているところもあります。バーチャルオフィスの契約から会社設立までを一気通貫で行えるのがメリットです。

以下、会社設立サービスを提供するバーチャルオフィスと、サービス内容の詳細です。

サービス名サービス内容(有料)
GMOオフィスサポート ・事業計画書のフォーマット提供(無料)
・税理士事務所の案内
・法人設立代行
・法人設立用印鑑セットの提供
・名刺の提供
レゾナンス ・法人設立で必要なフォームの提供、書類の自動作成(スマホで完結)
ユナイテッドオフィス ・申請書類作成・申請手続き代行
ワンストップビジネスセンター ・会社設立や法人登記の代行
・各種割引サービス(電子印鑑プレゼント、顧問弁護士の月額料割引など)
Karigo ・会社設立代行

法人設立のサポートがとくに充実しているのは、 GMOオフィスサポート です。事業計画書のフォーマットから法人印鑑、名刺まで、法人の事業活動全般をサポートしてくれます。

法人口座の開設実績が豊富な事業者を選びたい

銀行のイメージ画像

以下の表では、各バーチャルオフィスの公式サイトを参照し、法人口座の開設実績と支援サポートの有無を比較しています。

サービス名法人口座の開設実績
(公式記載のみ)
法人口座の開設サポート
GMOオフィスサポート GMOあおぞらネット銀行
みずほ銀行
横浜銀行
三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行
きらぼし銀行
三井住友銀行
楽天銀行
北海道銀行
ゆうちょ銀行
PayPay銀行
東京シティ信用金庫
りそな銀行
大和ネクスト銀行
西中国信用金庫

※アカウント登録情報を、GMOあおぞらネット銀行へ連携させて申込み可能
DMMバーチャルオフィス みずほ銀行
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
りそな銀行
住友SBIネット銀行
楽天銀行
PayPay銀行
GMOあおぞらネット銀行
METSバーチャルオフィス みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
りそな銀行
ゆうちょ銀行
楽天銀行
住信SBIネット銀行
PayPay銀行
GMOあおぞらネット銀行
・その他:各種地方銀行、各種信用金庫、各種信用組合
京都朱雀スタジオ 京都銀行
京都中央信用金庫
京都信用金庫
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
GMOあおぞらネット銀行
住友SBIネット銀行
PayPay銀行
バーチャルオフィス1 三井住友銀行
りそな銀行
住信SBIネット銀行
楽天銀行
GMOあおぞらネット銀行
レゾナンス みずほ銀行
GMOあおぞらネット銀行
住信SBIネット銀行
PayPay銀行

※みずほ銀行、GMOあおぞらネット銀行、住信SBIネット銀行、PayPay銀行の法人口座開設紹介制度
ユナイテッドオフィス 三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
ゆうちょ銀行
ワンストップビジネスセンター みずほ銀行
※GMOあおぞらネット銀行も実績がある可能性あり

※みずほ銀行の専用受付窓口(青山本店)
Karigo 公式記載なし

基本的に、利用するバーチャルオフィスによって、銀行口座の審査通過率が変わることはありません。ただ、銀行口座の開設に不安を抱えている方は、 GMOオフィスサポート レゾナンス のように、法人口座の開設サポートを提供するサービスを選ぶと良いでしょう。

申請手続きを簡略化できたり、必要書類を一覧で示してくれたりするので、安心して審査に望めます。

こちらもチェック
こちらもチェック

【法人向け】バーチャルオフィスの提供サービスと選び方

バーチャルオフィスは、事業用の住所貸し以外にも下記のサービスを提供しています。

  • 郵便物転送サービス
  • 電話サービス
  • 貸し会議室

ここでは、上記のサービス内容と、選ぶ際に注目すべきポイントを紹介します。

郵便物転送サービス:転送間隔はどれくらいか?

郵便物をポストに入れている画像

郵便物転送サービスとは、バーチャルオフィスの住所に届いた郵便物を任意の住所へ転送するサービスのことです。事業者が提供する一般的なサービス内容の詳細は、以下のとおりです。

サービス内容
主な対応サービス・郵便物の転送
・郵便物の来店受け取り
・郵便物の画像通知・破棄指示
・受け取り不可の荷物が届いたときの不在票通知
郵便物の転送間隔(プラン)・月1回
・隔週(2週間に1回)
・週1回
・即時
・都度指示
※届いた郵便物ごとに転送間隔を指示
・スポット利用
※一時的に即時転送を利用
郵送方法・普通郵便(定形内・外)
・レターパックライト
・宅急便・宅配便
・速達・簡易書留 など
料金・支払い方法
料金形態・基本料金+転送料(手数料+実費)
転送料金(手数料+実費)相場・300~900円/回(郵便物の種類による)
請求方法・基本料金と合算して支払い
・デポジット(一時的な預り金)より精算

税務署からの納税通知書や社会保険の書類、銀行のキャッシュカードなどは、必ず登記住所宛に送られます。そのため、バーチャルオフィス住所を登記住所として利用する場合は、郵便物転送サービスの申し込みが必須です。

ただし、多くのバーチャルオフィスは、以下の郵便物の受け取りに対応していません。

  • 現金書留
  • 内容証明郵便:警告書など
  • 特別送達郵便:裁判所からの通知など
  • 金券や貴重品
  • 法律に違反するもの
  • 140cmを超える荷物

上記の郵便物が送られてきた場合は、バーチャルオフィスから送られてくる不在票を確認し、自身で宛先を変更して受け取る手間がかかるため注意が必要です。

電話サービス:電話転送や電話秘書代行は利用するか?

電話をする女性

バーチャルオフィスでは、電話転送サービスや電話発着信、電話秘書代行など、電話関連のサービスを利用できます。一般的なサービス内容は、下記のとおりです。

サービス内容
主な対応サービス・電話転送・着信
・電話発信
・留守番電話
・電話秘書代行
・FAX・インターネットFAX(共有・専用)
取得可能な電話番号・IP電話050
・固定電話03・045・06・092・022など
・フリーダイヤル0120・0800など
料金・支払い方法
料金形態・①オプション月額利用料金+②通信料金
・基本料金+②通信料金
①オプション月額料金相場・電話転送・着信月額2,000円程度
・電話発着信月額4,000円程度
・電話秘書代行月額4,000円程度
・FAX・インターネットFAX月額500~3,000円
②通信料金相場・電話転送・通話料固定電話:3~5円/1分
携帯電話:20~30円/1分
・電話発信料固定電話から:20~40円/分
携帯電話から:30~50円/分
・FAX通信料受信・転送:0~10円/回
送信:30~100円/回

電話サービスを利用し、固定電話番号を取得することは、プライバシーを保護できるだけでなく、社会的な信用にもつながります。とくに、大手企業と商談・取引をするときや、一般消費者に向けに電話番号を公表する必要があるときなどは、固定番号を掲載する方が信頼されやすい傾向にあります。

固定電話番号を取得して社会的な信用を高めたり、電話の一次対応を依頼したりしたい場合は、電話サービスの利用を検討しましょう。

ただし、携帯電話番号やIP電話番号であっても、法人設立や法人口座の開設可否になんら影響はありません。そのため、必ずしも固定電話番号が必要というわけではありません。

貸し会議室:対面での打ち合わせや商談は行うか?

会議室の画像

バーチャルオフィスでは、貸し会議室やコワーキングスペースを提供するサービスもあります。以下、一般的な貸し会議室のサービス内容と料金を表にまとめました。

サービス内容
対応サービス・貸し会議室
・コワーキングスペース など
料金・支払い方法
料金形態・時間課金制
料金相場・500~1,200円/時間

バーチャルオフィスによっては、5名程度の少人数会議室だけでなく、20〜50名を収容できる大人数会議室(セミナールーム)を提供するサービスもあります。一対一で行う面談や、2~3人での商談に使う場合は少人数会議室を、顧客向けにセミナーなどを開催する場合は、大人数会議室に対応したバーチャルオフィス・拠点を選択しましょう。

ただし、バーチャルオフィスはあくまでも、住所貸しのサービスがメインです。貸し会議室を提供していないサービスや、一部の拠点でしか提供していないサービスも多いので、利用したい方はあらかじめ対応可否を確認しておきましょう。

こちらもチェック

法人向けのバーチャルオフィス9選を比較!

ここでは、法人向けのバーチャルオフィスをそれぞれの特徴ごとに紹介します。具体的には、以下のように分類して比較します。

▼運営会社の知名度で選ぶなら▼

運営会社の知名度が高いサービスは、以下の2つです。

上記のサービスは、大手企業、または大手企業のグループ会社が運営していることもあり、サポート面が充実しています。また、豊富な資金力を活かし、格安な料金プランや独自サービスを提供している点が魅力です。

GMOオフィスサポート:GMOインターネットグループの会社が運営

GMOオフィスサポートのホームページ画像

GMOオフィスサポートは、「GMOインターネットグループ」のグループ会社が運営するバーチャルオフィスです。高い信用と、グループ企業である「 GMOあおぞらネット銀行 」との連携が魅力です。GMOオフィスサポートの詳細を、以下の表にまとめています。

基本情報
運営会社・GMOオフィスサポート株式会社
サービス提供開始日・2021年12月
拠点・店舗・渋谷区道玄坂
・西新宿
・銀座
・青山3丁目
・秋葉原
・目黒区目黒
・恵比寿
・横浜市
・名古屋市
・大阪市・梅田
・大阪市・心斎橋
・京都市
・福岡市・博多
・福岡市・天神
・神戸市
※ホームページ上で住所を公表
法人口座の開設実績(公式記載のみ)・GMOあおぞらネット銀行
・みずほ銀行
・横浜銀行
・三菱UFJ銀行
・住信SBIネット銀行
・きらぼし銀行
・三井住友銀行
・楽天銀行
・北海道銀行
・ゆうちょ銀行
・PayPay銀行
・東京シティ信用金庫
・りそな銀行
・大和ネクスト銀行
・西中国信用金庫
サービス内容
郵便物の転送間隔・月1回
・隔週
・週1回
・即時
電話サービス・非対応
会議室
※ホテルスペースサービス「Threes」の割引券を提供
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・転送なしプラン(法人登記不可):660円
・月1転送プラン:1,650円
・隔週転送プラン:2,200円
・週1転送プラン:2,750円
入会金・保証金(税込)・入会金:0円
・保証金:0円
支払いサイクル(契約期間)・1年払いのみ
支払い方法・クレジットカード
・一部のデビットカード

GMOオフィスサポートは、高い信用力と資金力を活かし、東京・名古屋・大阪・福岡に複数の拠点を展開しています。いずれも、駅近で外観がきれいな物件のため、取引先や顧客からの信用にもつながるでしょう。

法人利用に対応したプランは、月額1,650円〜で利用できます。入会金や保証金、デポジット(預かり金)などの追加コストがかからない、シンプルな料金形態です。

ここ数年で拠点数を倍以上に拡大しており、今後も更なる拡大を予定しています。本店所在地としてだけでなく、将来的には支店としての利用もお考えの方におすすめです。

GMOオフィスサポートでは、新規契約特典として、3ヶ月分の基本料金が無料になるキャンペーンを実施しています。サービスやキャンペーンの詳細が気になる方は、以下のリンクより公式サイトをご確認ください。

初年度の基本料金6ヶ月間無料

GMOオフィスサポートを申し込む

DMMバーチャルオフィス:合同会社DMM.comが運営

DMMバーチャルオフィスのホームページ画像

DMMバーチャルオフィスは、合同会社DMM.comが運営するバーチャルオフィス。ほかにはない、DMMならではの「AI秘書自動応答サービス」が特徴です。サービス全般の詳細は、以下のとおりです。

基本情報
運営会社・合同会社DMM.com
サービス提供開始日・2021年6月
拠点・店舗・銀座
・渋谷2丁目
・横浜市
・大阪市・梅田
・福岡市・天神
・名古屋市
※住所の詳細は会員のみに開示
法人口座の開設実績(公式記載のみ)・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
・りそな銀行
・住友SBIネット銀行
・楽天銀行
・PayPay銀行
・GMOあおぞらネット銀行
サービス内容
郵便物の転送間隔・週1回
・即時
・日時指定
・転送カスタマイズ
電話サービス・電話転送
・AI秘書自動応答サービス
会議室・コワーキングスペース・名古屋店のみ
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・ネットショップ支援プラン(法人登記不可):660円
・ライトプラン:1,650円~
・ビジネスプラン:2,530円~
入会金・保証金(税込)・入会金:5,500円
・保証金:5,000円
支払いサイクル(契約期間)・1ヶ月払い
・半年払い
・1年払い
支払い方法・クレジットカード
※デビットカードは不可

DMMバーチャルオフィスで法人登記が可能なのは、月額1,650円〜のプランです。「AI秘書自動応答サービス(1,650円/月)」を利用する場合は、ほかのサービスよりもお得に利用できる可能性が高いです。

100コールまで無料で利用でき、オーバーコール料金も格安です。

【AI秘書自動応答サービスのサンプル音声】

※冒頭の受け答えや応答文はカスタマイズできます。

DMMバーチャルオフィスは、電話秘書代行サービスを利用したい方や、信用のあるサービスを利用したい方におすすめです。サービスの詳細が気になる方は、以下より公式サイトをご確認ください。

▼基本料金の安さで選ぶなら▼

基本料金が安い法人向けバーチャルは、以下の3つです。

ただし、郵便物転送サービスや電話サービスを利用すると、ほかのサービスよりも高くなる場合もあります。住所貸しプランを格安で利用できるサービスをお探しの方におすすめです。

METSバーチャルオフィス:月額270円~

METSオフィスのホームページ画像

METSバーチャルオフィスは、オリンピア興業株式会社が提供するバーチャルオフィスです。営業所として利用できる事業用住所を、月額270円と格安で借りられます。METSバーチャルオフィスのサービス内容は、以下のとおりです。

基本情報
運営会社・オリンピア興業株式会社
サービス提供開始日・2012年
拠点・店舗・新宿三丁目
・日本橋
・新宿御苑
・赤羽
※住所の詳細は会員のみに開示
法人口座の開設実績(公式記載のみ)・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行
・GMOあおぞらネット銀行
・その他:各種地方銀行、各種信用金庫、各種信用組合
サービス内容
郵便物の転送間隔・月1回
・週1回
・都度
・即時
電話サービス・電話転送
・電話発信
・インターネットFAX
・電話秘書代行
※各サービス、一部店舗で非対応
会議室・コワーキングスペース・新宿三丁目店
・新宿御苑店
・日本橋兜町店
・赤羽店
※コワーキングオフィスは新宿御苑店のみ
※会議室は1契約ですべての拠点が利用可
支払い方法
プラン・月額料金(税込)・ライト(法人登記不可):270円~
・ビジネス(法人登記不可):1,100円~
・ビジネスプラス:1,430円~
入会金・保証金(税込)・入会金:3,850円(内、事務手数料550円)
・保証金:0円
支払いサイクル(契約期間)・1ヶ月払い
・半年払い
・1年払い
支払い方法・銀行振込
・クレジットカード

METSバーチャルオフィスの魅力は、すべての拠点が自社ビルである点です。ほかのサービスのように、オーナーへ賃貸料を支払う必要がないため、格安な料金設定を実現しています。

また、運営会社のオリンピア興業株式会社は、バーチャルオフィスのほかにも不動産業やコンサルティング業などを行っています。複数の事業を運営しているため、赤字による拠点の閉鎖リスクが低いと考えられます。

住所利用のみ(法人利用可)のプランは格安の270円~ですが、法人登記に対応したプランだと、月額1,430円〜とやや高めです。バーチャルオフィス住所を法人の登記住所として利用したい方は、後述する「 京都朱雀スタジオ 」もしくは「 バーチャルオフィス1 」を検討しましょう。

一方、営業所としての利用をお考えの方、とにかく安く住所を借りたい方は、以下よりMETSバーチャルオフィスの公式サイトをご確認ください。

京都朱雀スタジオ:月額550円~

京都朱雀スタジオ(法人)のホームページキャプチャ

京都朱雀スタジオは、一般社団法人和文化推進協会が提供するバーチャルオフィスです。非営利法人の一般社団法人が運営していることもあり、一連のサービスを格安で利用できます。以下、サービス内容の詳細です。

基本情報
運営会社・一般社団法人和文化推進協会
サービス提供開始日・2021年6月
拠点・店舗・京都市1拠点のみ
※ホームページ上で住所を公表
法人口座の開設実績(公式記載のみ)京都銀行
京都中央信用金庫
京都信用金庫
みずほ銀行
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
GMOあおぞらネット銀行
住友SBIネット銀行
PayPay銀行
サービス内容
郵便物の転送間隔・週1回
・即時
電話サービス・留守番電話
会議室・コワーキングスペース・非対応
※公式記載なし
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・1プランのみ(法人登記可能):550円
入会金・保証金(税込)・入会金:0円(法人は6,600円)
・保証金:0円
支払いサイクル(契約期間)・1年払い
・2年払い など
※要問い合わせ
支払い方法・要問い合わせ

京都朱雀スタジオの魅力は、基本料金内で受電サービス(留守番電話サービス)も利用できる点です。一般的なバーチャルオフィスでは、電話転送サービスや電話秘書代行サービスを月額2,000〜9,000円で提供していることを考えると、破格の料金設定と言えます。

ただし、取得できる電話番号は、利用者共通の共有番号に限られます。したがって京都朱雀スタジオは、電話の機会が少なく取得番号にこだわらない方や、法人登記対応の格安サービスをお探しの方におすすめです。

なお、京都朱雀スタジオは以下のいずれか、または両方の条件を満たすと、基本料金が半額、または0円になるキャンペーンを実施しています。

  • 京都朱雀スタジオの住所に本店所在地を登記する
  • 和文化推進協会に登録された士業会員の経営支援を受ける

詳細が気になる方は、以下より公式サイトをご確認ください。

バーチャルオフィス1:月額880円~

バーチャルオフィス1のホームページ画像

バーチャルオフィス1は、株式会社バーチャルオフィス1が提供するバーチャルオフィスです。簡単明瞭なワンプランながら、格安で法人登記対応プランを利用できます。以下、サービス内容の詳細です。

基本情報
運営会社・株式会社バーチャルオフィス1
サービス提供開始日・2022年7月
拠点・店舗・渋谷店
・広島店
※ホームページ上で住所を公表
サービス内容
郵便物の転送間隔・週1回
電話サービス・非対応
会議室・渋谷店
・広島店
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・法人登記・住所利用:880円~
入会金・保証金(税込)・入会金:5,500円
・保証金:0円
支払いサイクル(契約期間)・1ヶ月払い
・1年払い
支払い方法・クレジットカード

特筆すべきは、週1回の郵便物転送が月額880円の基本プランに組み込まれている点です。また、転送手数料を考慮しても、月額1,480円〜利用できます。

多くのバーチャルオフィスが、月額3,000円〜で郵便物転送サービスを提供していることを考えると、半額以下で利用できる計算です。なお、電話サービスも月額2,200円〜利用できるなど、提供サービスのすべてが格安で利用できます。

ただ、利用できる拠点が、渋谷店と広島店の2つのみと少ない点にはご注意ください。バーチャルオフィス1の詳細が気になる方は、以下より公式サイトをご確認ください。

法人登記可・週1転送ありで880円

バーチャルオフィス1を申し込む

▼過去の運営歴・実績で選ぶなら▼

バーチャルオフィスの運営歴が長かったり、高い顧客満足度を誇ったりと、実績が豊富なサービスは以下の2つです。

長年バーチャルオフィスを運営できているのは、満足度の高い利用者が多い証拠です。上記のバーチャルオフィスには、サービス内容が充実していたり、料金プランが安かったりと多くのメリットが期待できます。

レゾナンス:人気度や顧客満足度が非常に高い

レゾナンスのホームページ

レゾナンスは、株式会社ゼニスが運営するバーチャルオフィスです。第三者のリサーチ企業が行ったイメージ調査では、価格満足度・人気度・顧客満足度の3部門で5年連続No.1に選ばれています。

サービス内容の詳細は以下のとおりです。

基本情報
運営会社・株式会社ゼニス
サービス提供開始日・2016年
拠点・店舗・港区浜松町
・銀座
・渋谷区神宮前
・西新宿
・日本橋
・青山
・恵比寿
・横浜市
※住所の詳細は会員のみに開示
法人口座の開設実績(公式記載のみ)・みずほ銀行
・GMOあおぞらネット銀行
・住信SBIネット銀行
・PayPay銀行
サービス内容
郵便物の転送間隔・月1回
・週1回
・即時
・スポット
電話サービス・電話転送
・電話発信
・内線電話
・FAX
・電話秘書代行
会議室・コワーキングスペース・浜松町本店
・銀座店
・渋谷店
・日本橋店
・新宿店
・青山店
・恵比寿店
・横浜店
※1契約ですべての拠点が利用可
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・バーチャルオフィスコース(住所のみ):990円~
・転送電話2点セットコース(住所+転送電話):3,190円~
・転送電話3点セットコース(住所+転送電話+転送FAX):4,290円~
・電話秘書代行セットコース(住所+電話秘書代行):5,390円~
・転送電話コース(住所なし):2,200円~
・電話秘書代行コース(住所なし):4,950円~
・電話秘書代行内線取次コース(住所+電話秘書代行+内線取次ぎ):7,700円~
・電話秘書代行貸出し番号発信セットコース(住所+電話秘書代行+貸出し番号発信):8,800円~
入会金・保証金(税込)・入会金:5,500円
・保証金:1,000円~
※郵便物転送料・通信料のデポジットとして使用
支払いサイクル(契約期間)・1ヶ月払い
・半年払い
・1年払い
支払い方法・銀行振込
・口座振替
・来店での現金・QRコード(PayPay・auPAY)支払い
・クレジットカード

レゾナンスの最安プランは、月額990円でありながら、法人登記と月1回の郵便物転送に対応しています。転送手数料も200円/回〜と安価に設定されているため、週1回転送を選択した場合でも2,480円〜と格安です。

またレゾナンスは、料金プランやオプションサービスが豊富です。そのため、必要なサービスだけを無駄なく利用できます。

レゾナンスでは現在、すべての1年払いコースを対象に、3ヶ月分の月額料金が無料になるキャンペーンを実施しています。キャンペーンの詳細やサービス内容を詳しく知りたい方は、以下より公式サイトをご確認ください。

基本料金3ヶ月間無料

レゾナンスを申し込む

ユナイテッドオフィス:2006年にサービス提供開始

ユナイテッドオフィスのホームページ画像

ユナイテッドオフィスは、株式会社ユナイテッド・コンサルティング・ファームが提供するバーチャルオフィスです。2006年にサービスを開始し、現在17年もの運営実績があります。以下、サービス内容の詳細です。

基本情報
運営会社・株式会社ユナイテッド・コンサルティング・ファーム
サービス提供開始日・2006年
拠点・店舗・南青山
・銀座
・表参道原宿
・渋谷3丁目
・日本橋
・港区虎ノ門
・西新宿
・池袋
※ホームページ上で住所を公表
法人口座の開設実績(公式記載のみ)・三井住友銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
サービス内容
郵便物の転送間隔・週1回
・即時
電話サービス・電話転送
・電話発信
・内線通話
・FAX
・電話秘書代行
会議室・コワーキングスペース・南⻘山店
・東京銀座つなぐば店
・銀座店
・表参道原宿店
・渋谷3丁目店
・日本橋店
・港区虎ノ門店
・新宿店
・池袋店
※東京銀座つなぐば店でコワーキングスペースの利用が可
※1契約ですべての拠点が利用可
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・MAIL BOX(メールボックス プラン):2,310円~
・MAIL msg BOX(メールボックス 通知プラン):3,100円~
・Tele BOX Ⅰ(テレボックス Ⅰ 専用電話付き):4,400円~
・Tele BOX Ⅱ(テレボックス Ⅱ (電話秘書)):7,700円~
入会金・保証金(税込)・入会金:6,000円
・保証金:10,000円
※郵便デポジットとして使用
※6ヶ月前納・月払いの場合は5,000円以上
支払いサイクル(契約期間)・1ヶ月払い
・6ヶ月払い
・12ヶ月払い
支払い方法・口座振替
・クレジットカード

ユナイテッドオフィスは、提供サービスの料金面のみを見ると、メリットの薄いサービスです。しかし、拠点の外観や会議室がキレイだったり、厳格な審査基準を設けていたりなど、サービスの品質や安全性が高い点が魅力です。

士業やコンサルティング業など、高い信用力が求められる業種の方でも、安心して利用できます。また、都内の「ユナイテッドオフィス銀座つなぐば店」は、会議室だけでなく、コワーキングスペースも提供しています。従業員と対面で作業したい方におすすめです。

ユナイテッドオフィスでは、2024年3月1日(金)~2024年3月31日(日)まで、ライフシフト・キャンペーンを実施しています。12ヶ月前納の支払い方法を選択すれば、基本料金が40%OFF、さらに3ヶ月間無料になる内容です。気になる方は、以下の公式サイトをご確認ください。

3ヶ月間無料&基本料金40%OFF

ユナイテッドオフィスを申し込む

▼地方の拠点をお探しなら▼

東京以外にお住まいの方や、地方での法人設立をお考えの方も多いと思います。東京以外の住所を利用したい方には、以下2つのサービスがおすすめです。

ワンストップビジネスセンター:全国15都道府県・44店舗

ワンストップビジネスセンターのホームページ画像

ワンストップビジネスセンターは、株式会社ワンストップビジネスセンターが提供するバーチャルオフィスです。全国15都道府県に44店舗を構えています。

以下、サービス内容の詳細です。

基本情報
運営会社・株式会社ワンストップビジネスセンター
サービス提供開始日・2010年
拠点・店舗全国15都道府県・44店舗
※ホームページ上で住所を公表
法人口座の開設実績(公式記載のみ)・みずほ銀行
※GMOあおぞらネット銀行も実績がある可能性あり
サービス内容
郵便物の転送間隔・週1回
・即時
電話サービス・電話転送
・電話発信
・FAX
・電話秘書代行
会議室・コワーキングスペース全国37店舗
※1契約ですべての拠点が利用可
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・エコノミープラン:5,280円
・ビジネスプラン:9,790円
・プレミアムプラン:16,280円
・エグゼクティブプラン:54,780円
入会金・保証金(税込)・入会金:10,780円
・保証金:0円
※電話転送(ビジネスプラン以上)を利用する場合は、通話料5,000円を前払い
支払いサイクル(契約期間)・1ヶ月払い
・1年払い
支払い方法・クレジットカード
※1ヶ月払いの場合
・銀行振り込み
※1年払いの場合

ワンストップビジネスセンターの魅力は、1契約で全国の会議室を利用できる点です。全国に取引先が点在している場合、商談のたびに各所で会議室を確保するのは多くの手間がかかります。

その点、ワンストップビジネスセンターは、北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州のすべてで会議室が用意されているため、商談スペースの確保が容易です。また、各物件のメンテナンス修繕も行き届いているため、取引先や顧客などに安心して来訪いただけます。

ワンストップビジネスセンターは現在、起業家を応援する割引プランを提供しています。具体的には、以下の条件に該当する方を対象に、初期費用と1ヶ月分の月額料金が無料になるというもの。

  • 20代社長
  • 女性社長
  • シニア社長
  • 障がい者社長

公式サイトからは、内見の予約もできるため、気になる方は以下のリンクよりご確認ください。

対象者は初期費用&1ヶ月分が無料

ワンストップビジネスセンターを申し込む

Karigo:全国19都道府県・62店舗

Karigoのホームページ画像

Karigoは、株式会社Karigoが提供するバーチャルオフィスです。全国19都道府県にて62店舗を提供しています。Karigoの詳細は、以下のとおりです。

基本情報
運営会社・株式会社Karigo
サービス提供開始日・2006年
拠点・店舗全国19都道府県・62店舗
※住所の詳細は会員のみに開示
法人口座の開設実績(公式記載のみ)・公式記載なし
サービス内容
郵便物の転送間隔・月1回
・隔週
・週1回
・即時
・自動転送なし
電話サービス・電話転送
・電話秘書代行
会議室・コワーキングスペース・銀座一丁目店
・千葉店
・秋葉原店
・池袋店
※契約拠点しか利用できないケースあり
料金・支払い方法
プラン・月額料金(税込)・ホワイトプラン3,300円~
・ブループラン8,800円~
・オレンジプラン10,400円~
入会金・保証金(税込)・入会金:5,500円~
・保証金:0円
支払いサイクル(契約期間)・1ヶ月払い
支払い方法・Toonesポイント
※ポイントは1ポイント = 1円で利用し、クレジットカードもしくは銀行振込で購入する

Karigoは、前述したユナイテッドオフィスと並ぶ、老舗のバーチャルオフィスです。拠点数は、本記事で取り上げたサービス中、最多の62店舗です。富山、三重、高知などの人口が少ない都市だけでなく、アメリカのテキサス州にも店舗を構えています。

法人用プランは月額4,700円〜と決して安くはありませんが、長年バーチャルオフィスを運営した実績があるため、安心して利用できるでしょう。

Karigoでは、2024年3月1日(金)~2024年3月31日(日)までの期間限定で、対象店舗限定の入会金無料キャンペーンを実施しています。気になる方は以下から詳細をご確認ください。

対象店舗の入会金が無料

Karigoを申し込む

バーチャルオフィスを活用して、会社のランニングコストを抑えよう!

パソコンを操作する女性

本記事では、法人登記が可能なバーチャルオフィスを、サービス内容や月額料金ごとに比較しました。営業所としての利用をお考えの方や、とにかく月々の負担額を抑えたい方は、基本料金がもっとも安いサービスがおすすめです。

一方、郵便物サービスや電話サービスなどを利用したい方、立地や法人口座の開設実績を重視したい方は、本記事で紹介した比較表を参考に、ご自身にあったサービスを選定してみてください。

こちらもチェック

-バーチャルオフィス
-,